脱毛ケアをバレたくない…【バレない方法】

  • URLをコピーしました!

この記事では、脱毛している事を周りにバレたくない人向けにその考え方や方法を紹介しています。バレたくないといっても様々ですが…

  • 友人に
  • 彼氏彼女に
  • 職場の人に
  • 家族に
  • 脱毛クリニックのスタッフに

上記に加えて、既婚・同棲中・恋人はいるがお互い一人暮らしなどいろんなシチュエーションで「バレたくない」理由があると思います。今回はバレない方法について深掘りして考えて行きたいと思います。

体毛は男女ともに永遠のテーマであり、完全に悩みを解消するなら脱毛するしかないことが分かっています。脱毛は清潔感もありますし、印象も良い方向に向かいますよね。

男性が脱毛している女性に魅力を感じたり、嫌いになったりすることはほとんどなく、逆もまた然り。

でも、やっぱり彼氏や彼女、好きな人に必死で脱毛している姿は見られたくないですよね。

  • 家で必死に毛抜きで抜いているところを見られたくない。
  • 人目を気にせずツルツル肌になりたい。

ムダ毛を気にする人はあなただけではありません…。性別や年齢問わず意外と多いんですよ。

そこで今回は、人目を気にしない・バレない脱毛方法についてお話したいと思います。そもそもバレる脱毛とは何なのか?考えていきましょう。

記事の内容(タッチで飛べます)

脱毛ケアがバレる理由

クリニックに通院していたらバレるのは想像がつきますが、自宅脱毛でもバレる事があります。

カミソリで剃るとかなり肌が黒くガサガサになり、毛穴も大きくなって目立ちます。カミソリで剃ると毛がすぐになくなり肌がツルツルと即効性がありますが、肌へのダメージが大きく、荒れやすいデメリットがあります。

肌が黒くボコボコして、毛穴の開きが目立つ人を見たことがありませんか?剃ってしまうと、だんだん毛穴が目立ってきて、必死で毛穴を気にしていることによりバレてしまいます。

ほとんどの人は気がついても気にしていないので口には出しませんが、「この人、黒くてガサガサしてるなぁ」と分かっています。また、お風呂でこっそり脱毛しても、床や排水口に残っている毛でバレることもあります。

また除毛クリームも肌へのダメージが大きいのでバレる事があります。自宅で簡単にできるし、お金もかからないから気持ちはわかるけれども、自分が気がつかないうちにバレていることもあり、恥ずかしい思いをすることになります。

毛抜きは特にバレやすい

地味で面倒で時間がかかる作業なので、同居しているとなかなかムダ毛処理をする時間がとれません。そして抜いた跡は意外と目立ちます。

もちろん、毛抜きで抜くとかなり深くまで毛を抜くことができるのでとても爽快です。しかも、剃った跡が黒く残ることもありません。

しかし、デメリットもたくさんあります。毛抜きは実は肌への負担が大きく、炎症や毛穴の膿みを引き起こす可能性があるのです。

毛を抜いた部分にニキビのような吹き出物ができてしまう人もかなりいます。また、抜いた毛穴から毛が生えてきても、皮膚から出てこず、皮膚の中に埋もれたままになってしまうことがあります。

これを「埋没毛」といい、黒い物体として皮膚に残っているため、取り除くことができません。取ろうと思えば、針で無理やり皮膚を貫通させて毛を引き抜かなければならず、これが結構大変で血まみれに…。

とにかく皮膚が荒れているので、眉毛程度ならいいのですが、体毛レベルになるとバレるリスクの方が多くストレスを感じるでしょう。

一人暮らしか同居人がいるか

脱毛を周りにバレたくないのであれば、家庭用脱毛器の購入が最もオススメです。例えば、あなたが家庭用脱毛器を使っていたとします。あなたはお金を貯めて、この脱毛器を購入しました。

もし、あなたが同棲していたらどうでしょう?

目立たない場所に隠すことができるでしょうか?パートナーの目を気にせず使い続けられますか?

購入したことくらいは許容範囲として、相手に伝えるべきでしょう。家庭用脱毛器がバレたところで、関係は悪くなりませんし、同居人がいるのであれば話すべきでしょう。

一人暮らしの場合、一人暮らしでない場合とは、確かに行動が大きく変わります。一人暮らしでない場合で、よりバレたくないのであれば脱毛サロンに通う方が断然安心です。

しかし、そこには新たな壁が待っています。脱毛サロンを調べたことがある方ならお分かりだと思います。本気で脱毛しようと思えば、数十万円はかかります。

そんなお金をかけて、パートナーにバレたときのリスクは大きいです。束縛が激しかったりすると、浮気を疑われることもあります。そのような場合、バレないように脱毛することは不可能なので、正直に伝えましょう。

脱毛する部位によっての考え方

脱毛する場所が、自分の目で見える場所なのか、またVIOのように見えない+失敗すると怪我をする場所なのかにもよって考え方を変えると良いでしょう。

おそらく脱毛をバレたくない方の考えとして、クリニックのスタッフにも見られたくないという感情もあると思います。

知り合いが働いているかもしれないなども考えてしまいますよね。またどんな体勢で脱毛をするのかも気になるところだと思います。

VIOの脱毛について

VIO脱毛とはデリケートゾーンを意味する言葉でVライン、Iライン、Oラインの3つの個所を脱毛するものでVIO脱毛と呼ばれています。

Vライン脱毛

ベッドに仰向けに寝て足を少し開いて行います。自然な寝姿なので比較的ストレスのない体勢です。VIOをセットで脱毛する場合は、Vラインから始めるサロンやクリニックが多いようです。

Iライン脱毛

仰向けに寝て脚を伸ばした状態で脱毛します。Iラインの脱毛は、仰向けに寝て片方の膝を曲げた状態で行います。曲げた脚を外側に「4」の字に曲げる。左右の脚を違う方向に曲げ、Iラインの両脇を脱毛します。

Oライン脱毛

仰向けや横向きの姿勢で脱毛します。Oラインの脱毛は、サロンやクリニックによって仰向けやうつぶせの体勢で行います。うつぶせの姿勢では、上肢を4の字に曲げた状態になります。

うつぶせの姿勢では、脚は肩幅に開くようにします。多くのサロンやクリニックでは、照射しない部分をタオルで覆ってくれます。

バレたくない人にとっては心理的にもかなりハードルが高いことは事実です。VIOについては、可能な限り自分でやってみるのも選択肢のひとつだとは思います。

VIOを清潔に保つことで、脱毛に対する抵抗感も多少は軽減されます。また、女性専用や個室など、スタッフ以外の視線が気にならないサロンやクリニックを選ぶことで、リラックスして脱毛に臨めるかもしれません。

スタッフの指名は難しいかもしれませんが、信頼できて熱心にケアしてくれるスタッフならベストです。

VIO脱毛をした人の体験談を調べてみると、初体験は恥ずかしかったけど慣れた。脱毛を進めていくうちに徐々に慣れてくるという意見も見受けられますので、必要以上に不安にならず、スタッフを信頼してお任せすることが大切です。

VIO脱毛がバレたときの恐怖と思考

親しい間柄でも、脱毛については話すのが恥ずかしいことってありますよね。毛の悩みの中でも、VIOの毛は男女ともに話しにくいのは当然です。できれば黙っていたいものですが、本当にパートナーに知られずに脱毛することは可能なのでしょうか?

脱毛には様々な方法がありますが、フラッシュ脱毛とレーザー脱毛でも、クリニックでも自宅でも、共通しているのは、脱毛前に毛を剃っておく必要があるということです。

同居しているのであれば、内緒にしておこうと思っても、この時点でバレてしまう可能性が高いです。別居であればしばらく会わないことで回避できるかもしれませんが、同居しているパートナーであれば隠すのは至難の業です。

特に難しいのは、Vゾーンです。形を整えるだけなら何とか隠せますが、毛を少なくして仕上げたいなら、まず全部剃ってから全体に光を照射する必要があります。

脱毛後、しばらくはジリジリとした痛みを感じ、それを何度も繰り返すことになります。赤みが出ることもあるので、みられたら違和感を感じて聞かれる事もあるでしょう。なかなか相談しづらいかもしれませんが、きちんと話しておくと良いでしょう。

VIO脱毛をパートナーに誤解されないように説明する方法

VIO脱毛をすることをパートナーに説明した方がいい理由は、VIOの自己処理・脱毛が一般的になったのはここ10年ほどのことで、まだまだ「特別なもの」と思っている人が多いからです。

全身脱毛の場合は、説明がわかりやすいかもしれません。驚かせたくないから、先に言っておくなど、とても自然に話せるはずです。 全身脱毛コースでなくても、「組み合わせるとお得ですよ」とか「衛生的で経済的ですよ」と説明してさりげなく話をすることで、信頼関係が深まるかもしれません。

特に結婚している場合は、念のため好みを聞いておくことが大切です。OとIを残してVをツルツルにする、全体をツルツルにする、全体を薄くしてツルツルにしないなど、VIO脱毛完了までのスタイルは多岐にわたります。

また、パートナーの好みと違いすぎるスタイルで仕上げるのも考えものです。

例えば、自分はVゾーン全体をツルツルにするつもりだったのに、旦那さんは少しV字を残したかったとか、逆に自分はVゾーンをツルツルにするつもりだったのに、衛生的なものに変えようと思ったということもあるでしょう。ご主人や奥様とよくご相談の上、進めていただければと思います。

ただ、脱毛は絶対ではありませんが、元に戻すことはできませんので、自分の好みをパートナーに合わせすぎて後悔しないように、よく考えてスタイルを決めてくださいね。

バレたくない気持ちと、信頼を天秤に掛けたときにメリットがある方法を選択するとよいでしょう。

家庭用脱毛器がもっともバレない

とはいえクリニックでの脱毛はやはりハードルも高く、パートナーに話すのも抵抗がある場合は家庭用脱毛器が第一選択となります。レーザー脱毛は効果が早いため、急にムダ毛が無くなったように見えます。

レーザー脱毛よりフラッシュ脱毛の方が良いでしょう。

これは決して、レーザーよりフラッシュの方が良いということではありません。

レーザー脱毛の方がパワーが強く、かなりしっかり脱毛できます。フラッシュはより広範囲で、威力は少し劣りますが、肌へのダメージは少ないです。

バレないようにするには、レーザーよりもフラッシュの方が良いのです。レーザーで脱毛した場合、サロンから帰宅した翌日から3日くらいは赤みや腫れが引かないことがあります。

レーザーはかなり強力なので、火傷をしてしまう人もいます。1回くらいであれば目立たないけど、定期的に肌が赤くなるのを見られたら「何やってるんだ?」と間違いなく周りに言われるでしょう。

フラッシュ脱毛の方が断然ストレスが少なく、目立ちません。何より効果が徐々に出てくるので、肉眼で見てもわからないのが魅力。気づかれずに脱毛したいなら、フラッシュ脱毛がおすすめです。

フラッシュ脱毛は、徐々に毛が抜けていくイメージです。人によっては効果を感じるスピードに不満が出ますが、脱毛をバレたくない人にとっては逆にメリットになります。

特に普段からムダ毛を剃っている女性にとっては、脱毛をするために毛を剃るという事が無いためバレる心配がありません。男性に関しては、仮にすね毛をフラッシュ脱毛したいときに、どうしてもすね毛を剃らないとならないため、短パンなどをはくとバレるリスクはあります。

だれにもバレないように脱毛をするのであれば、通販で家庭用フラッシュ脱毛器を購入すること一択だと言えます。

家庭用脱毛器の選び方

家庭用脱毛器にも、レーザー方式とフラッシュ方式があります。よりバレないようにするにはフラッシュ脱毛器を選びましょう。

また、どの部分を脱毛したいのかによって、アタッチメントと呼ばれる照射範囲を確認する必要があります。

男性か女性かによっても、毛の太さが違うため照射レベルの調整が可能なのかも確認が必要です。VIOを脱毛したい場合は、冷却機能などが付属している脱毛器が安全です。

家庭用脱毛器は王道とも呼ばれる3つの脱毛器から選ぶと失敗はしません。

脱毛ケアをバレたくないならコレ:まとめ

家庭用光美容器によって機能は異なり、肌の色に合わせて照射レベルを自動設定するものもあります。

照射レベルの自動調整は便利という声もありますが、肌の色が濃い部分には弱いレベルで照射されるため、物足りないという意見も見受けられます。

照射レベルの自動調整は肌に優しいというメリットがありますが、自分で自由に照射レベルを調整できないのがデメリットです。

光美容器によってはVラインまでしか使えないものや、照射口の数が異なるものもあるので、購入の際は光美容器の機能や脱毛範囲をよく確認することをおすすめします。

バレないために脱毛をするには、金銭的にもメンタル的にも負担が少ない家庭用の脱毛器がよいでしょう。

家庭用脱毛器は王道とも呼ばれる3つの脱毛器から選ぶと失敗はしません。

お役に立ちましたでしょうか
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


記事の内容(タッチで飛べます)